寝付けないときはハルシオンで寝起きスッキリ

halcion

ハルシオンとは、睡眠薬のひとつで脳の神経を鎮める作用があります。

また、不安や緊張感をほぐして気分をリラックスさせて、自然に近い眠りを誘います。

そのため不眠症や麻酔前投薬に使用されることが多いです。

睡眠薬には、寝付きを重視した「スピード型」と、長く眠れることを重視した「スタミナ型」という2種類があります。

「スピード型」というのは、ハルシオンのようなすぐ効くタイプのことです。

「スタミナ型」というのは、ベンザリンやドラールなどがあります。

ハルシオンは持続時間が短期型なので、寝つきの悪いときや一時的な不眠に適しています。

翌朝の眠気や不快感も少ないのが特徴です。

切れがよい反面、服用直後や夜間起床時に、一過性健忘やもうろう状態を生じることがあります。

ハルシオンは、重症筋無力症や急性の緑内障を起こしている人には使用できません。

喘息や肺性心など呼吸器系に病気のある人も、症状によっては使用できません。

高齢の人は副作用が出やすいので、少量で開始します。

一度服用してしまうとその即効性がクセになりますが医師の指示に従って服用すれば、安心して使用できる薬だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ