うつ病や総合失調症に効果的なアリピゾルについて

アリピゾル

アリピゾルは抗うつ薬であるエビリファイのジェネリック医薬品です。

エビリファイと同じ効果を低価格で購入する事が出来ます。
新しい抗精神病薬で、ドパミンシステムスタビライザーとも呼ばれています。

有効成分はアリピプラゾールで、統合失調症の症状、双極性障害における躁状態の改善に用いられています。

効果

うつ

主に統合失調症に効果があります。

陽性症状:幻覚、妄想、興奮

陰性症状:無感情、意欲低下、自閉

服用方法

1日1錠から服用を開始してください。

1日の服用量は30mgを超えないでください。

中枢神経抑制剤やアドレナリンを服用している場合は絶対に使用しないでください。

他に常用している薬がある場合は、必ず医師に相談の上用いてください。

副作用

アリピゾルはエビリファイと同じ第3世代の抗精神薬ですので、第2世代よりも副作用を大幅に軽減したものになっています。

副作用としては、不眠・手足顔などのふるえ・消化官障害・体重減少・神経過敏、吐き気、頭痛などがあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ